読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近観た映画

ボーン・レガシー

ジェイソン・ボーンシリーズほど、追手との格闘シーンがいけてない。

ドラゴン・タトゥーの女

ハリウッド版の方を見た。

ドラゴン・タトゥーっていうほど、ドラゴン・タトゥーは出てこなかった。

静かなに真相に迫る感じが良かった。

ゴーストライターに通じるものがある。

バトルシップ

エイリアン侵略戦争

ハイテクなエイリアンなのに、お馬鹿な感じがミスマッチ。

リンカーン弁護士

良かった。

エンド・オブ・ホワイトハウス

惜しい映画。

ホワイトハウスに乗り込んでくるようなテロリストが、逃げることとか考えて乗り込んでくるとは考えにくい。

ホワイトハウスにはあんな施設があったり、こんな装備があるのかと思いながら観ていた。

とんかつ屋が、客にゴマすりさせるシステムは良いシステムだ

タイトルのとおり、とんかつ屋が、とんかつに掛けるためのゴマを客自身にすらせるシステムは、良いシステムだと思った。

理由は以下のとおり。

  • 店にそんなに手間がかからない
  • 客の暇つぶしになる
  • 客自身のためにするので、嫌じゃない

と、こんな具合で、良いシステムだなと思った次第であります。

ステロイドを塗ったらすごかった

tsmsogn.hatenablog.jp

なことがあって、子供に処方されているステロイドを含んだ軟膏を、その指に塗ってみた。

次の日置きてみると、その傷口が塞がっていた。

ステロイドという薬に、人類の英知を感じた。

ミュシャのことをNHK教育でやっていた

ミュシャの作品を堺市がいくつか所持しているのを最近知った。なぜ、堺市が所持しているのかといつのは、以下を参考に。

ミュシャと堺市の関係とは?ドイ・コレクションって何? : アートの定理

ミュシャの作品はいくつか見たことあるんだけど、遠目からしかなくて、細部までは詳しく見ていなかった。

そんなためか、二次元的で抽象化されている絵・ポスターというイメージだった。

そんな中、NHK教育番組で、ミュシャのことをやっていた。

とても細部までは描かれた植物のデッサン、晩年の叙事詩が印象的だった。

夏を連想させるようなEDMを寄せ集めを作った

そろそろ夏だ。

そんな夏を盛り上げてくれるような EDM を集めてみた。

「夏を盛り上げてくれるような EDM」だなと言い聞かせながら聞いてください。

soundcloud.com

指がパックリ割れしてしまった

指がパックリ割れしてしまった。こんなの初めて。年齢を感じる。

踵もなんか怪しい。

子供に使っている保湿を風呂上がりとかに毎日しようと思う。

切り裂きジャックを追いかけてが読みきれなかった

切り裂きジャックを追いかけて (Kindle Single)
 

猟奇的な殺人で有名な切り裂きジャック

どこのテレビ局かは忘れたけど、DNA の鑑定の結果、犯人が分かったと放送されていた。

そうなんだなーと思いながら、この本を読んでビックリ。なんと、それが誤りで捜査は振り出しに戻っていることを知った。

だけど、本の途中くらいから人間関係とかが複雑になってきて、読むのがしんどくなってやめてしまった。

買ったので、ちゃんと読破したい。

ちなみに、この本の著者のパトリシア・コーンウェル氏は、画家のシッカートが、犯人という推測をしている。

そういうとこを知った上で、いくつかシッカートの絵を見たんだけど、確かに暗くて、汚いくて、暴力的な印象を受ける。不思議。